Img_a141b068e11ce36b9e079f3e9f1caf7b
Img_73d3004be0772db0dd98edc36d2c483e
Img_f06550c44267c9953e3e5cf623bee20d
落語、腹式呼吸、鼻濁音。

こんにちは、アマチュア落語家の粗忽家勘心です。
8月ですねぇ、暑い暑いと言うとよけいに暑苦しくなってしまいますが、やっぱり暑い。
暑いもんは暑い。
先週は、落語を始めて以来最高に忙しい週でした。
1週間で6回の高座、話した演目は13席。
アマチュアとしてはまぁ頑張ったほうじゃないでしょうか。
そして、着物を着て大声で落語をすると……これがまだ暑いんです。ひとつの噺でもう汗びっしょり。
声を出すってエネルギー消費するんですね。
話し終わったら血圧も上がります。ふぅー(>_<)

「え? 落語ってそんなに大声出すの?」
はい、僕もそう思ってました、落語を始める前までは。
だってさ、僕が幼い頃ラジオで聞いてた落語って「お爺さんがボソボソ喋ってる」イメージでしたからね。

ところが、さぁ落語をひとつ覚えて師匠の前でやってみました。
僕「ご隠居さん、こんちはー」
師「ダメ、声が小さい、もっと大きな声で」
僕「ご隠居さん、こんちはー」
師「ダメダメ、それじゃお客さんに聞こえない、聞こえないと聴いてくれないぞ」
僕「ご隠居さーん、こんちはーーー!」
師「ダメダメダメ、道の向こう側の人に呼びかけるくらいにやれ」
……ご隠居さん道の向こう側じゃないです、家の中です……
……それにラジオで聞いてたお爺さん達は小さな声だったし……

それからは落語どころじゃなく、ひたすら大声を出す稽古。
あー、あー、あー、あえいうえおあお、かけきくけこかこ
落語なんてさせてもらえない。

実は僕はこの「大きな声を出す」というのが子どもの頃から苦手でした。
運動会、部活動、会社の研修……その度に「もっと大きな声で!」と叱られてました。
あーぁ、またここでもそれを言われるのかぁ。大きな声出してるし(>_<)
あー、あー、あー、あえいうえお、かけきくけこかこー
でもそんな稽古をしばらく続けて、ある日あらためて幼い頃聴いていた昭和の名人達のCDを聴いてみましたらば……なんとびっくり、お爺さん達も大声出してました。
あれ?おかしいなぁ、そんなにガーガー大声出してるイメージじゃなかったのに、今聴くと確かに大声。
はい、これが腹式呼吸だったんです、腹式呼吸っちゅーか腹式発声かな。
大声を出すわけじゃないのに大きな声。後ろの方のお客さんまで届く声。
なるほどなぁ、それから僕は一生懸命稽古しました。
それでも自分では「僕の声は小さい」と思ってます。
ところが、今こうやって各地で落語をやっていると、会の終了後に係の人に「声がよく通っていいですねぇ、聞きやすいです」と言われることが多いんです。
(え?この僕の声が?)……びっくりですよね。
そう、いつの間にか声質が変わってたんです、もしかすると腹式呼吸ができる様になったのかもしれません。

でももうひとつの悩みは「鼻濁音」
がぎぐげご。これが九州の人間はダメですね。
東京の人にはとても耳ざわりらしいです。
ンがンぎンぐンげンご と発音しなくちゃいけない。
「そんな些細なこと」と思うのは九州人。関東の人にとっては全く異なる音だそうです。
「僕ンが」と言わなくちゃいけない。「僕が」というと「ボクガー‼」とやかましいそうです。
これを治したい。
江戸っ子が使ってた言葉で江戸落語をやりたいのです。

「お世話になります、笑福亭べ瓶です、9月はよろしくお願いします」
初めて電話で話した笑福亭べ瓶さんの、なんと滑舌と歯切れの良い話し方‼
もうこれだけで、「あぁこの人の落語は間違いなく面白いはずだ」と思わせる口跡の良さ。
どうぞお楽しみに。


「第4回ひなたの会 笑福亭べ瓶、桂の紋二人会」
~上方の桂の華さす 福の瓶~
大野城会場 9月3日(土) 大野城まどかぴあ 14時開演
高宮会場 9月4日(日) アミカス高宮 14時開演
前売り1900円 当日2500円

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする