Img_f5be0777d3ad63a9c6b71e07109e51d1
先週末は、OIK公民館からN町FND公民館、UMG公民館へ。
なんのこっちゃ(^^;
AKBみたい。

どこも盛況、楽しくお喋りさせてもらいました。
特にFND公民館は、去年に続き2回目の高座でしたが、去年はお客さんも少なく反応も薄かったので、
裏が返ったのがびっくりでしたが、今年はうって変わって沢山のお客さんで笑いも多く、
「この1年なにがあったの?」という印象でした。ま、なにはともあれ笑っていただければそれが1番です。

OIK公民館は初めての会場でしたが、お客さんも多くて開演前から熱気むんむんでした、むんむん。
地域の方々に公民館が愛されているのでしょうねぇ。

1月の落語はこれでおしまい。
10公演、22高座でした。むんむん。
本日の「旅成金3in福岡」のチケットは全て完売となっています。
ご了承下さいませm(__)m
Img_151419164f140f7103d9704bf822ad2d
Img_4efd8a72d48904fe6fe237e6913497ca
Img_40faa29675a8cda83ffe7de28e7fbc1a
小痴楽さん「付き馬」……「あんまり覚えてない噺で」と仰ってましたがなんのなんの、小痴楽さんのキャラと重なってバッチリでしたよ。

鯉八さん「暴れ牛奇譚」よくもまぁこんな噺を思いつくものだ。そして面白い。
頭の中を覗いてみたい(^^)
鯉八さんは今回かなりの手応えを感じられたのではないでしょうか。福岡のファンが急増したことは間違いないです。

夜の部は松之丞さんが二席。
どちらも落語にもなっているネタ。
「鼓ヶ滝」……松之丞さん、かわいい顔もできるのね、ずるいなぁ(^^)
「中村仲蔵」……後半は落語とは異なる展開。自分も江戸の芝居小屋にいるかの様な気分になりました。
「圧巻」という言葉がピッタリの高座でした。

夢みたいな1日、ありがとうございました。
Img_3a85cb17e08043fd9611d853042b500d
Img_d1d4fcbae07209b2527617f2ae074b80
Img_47c573330e9b1373dfa7805d19bf5128
今年の節分、なんとも良い一日でした。

小痴楽さんの「湯屋番」は1年半ぶり、安定の若旦那、上手いなぁ。
前に聴いた時に(またいつか聴く機会があったら、「音羽屋!」と声かけよ)と思っていたのに、音響ブースにいたからダメでした(>_<)
でもお客さんからいい感じで手が入ったのが、席亭として嬉しかったです。
「あくび指南」はクスグリ満載、可笑しかったなぁ。
イケメンなのに役になりきる感は見事です。

松之丞さんは今日も大熱演、完璧な松之丞時間を堪能しました。

でもでも昼の部の鯉八さんはホールの雰囲気をひとりでワシづかみしていましたね。
「科学の子」はマクラからもう大爆笑! 女心がわかりすぎる鯉八さん!
「多数決」も新しいネタとのことですが、まぁよくこんな噺をゼロから作れるものだと笑いながらも感心しました。
Img_f4918cb7de734c1e380ca1d6bdf197c7
先週末はWKH公民館に勘春翁と一緒に落語しに行きました。
ここは勘朝師匠から引き継いだ公民館で、内浜落語会としてはかれこれ10年くらいのお付き合い。
毎年お招きいただいているありがたい公民館様です。

毎年恒例、お客様も毎年恒例。
そうなると落語に馴れていらっしゃるので、反応もよくてやりやすい高座です!
ダブルでありがたや。

初回に作成されたのでしょう、勘朝師匠を模したマイクホルダーが現役で働いてくれてます。
それを一生懸命セットしていただいている自治会長さんに対し、
たぶん(さっさとしろや、毛氈が敷けんやろが!)と心の中で毒づきながら、
あくまでも顔はニコニコ「上手いもんですなぁ」と大人の対応をする勘春翁。