「ファンの皆さんに勇気を与えられる様に頑張ります」「被災者の方々に勇気を与えられることができて良かったです」

スポーツ選手とか芸能人はエライけんね、与えるけんね。

ファンや被災者の方々はこんな発言でファンをやめることはないのか?寛大ですな。
「お前に『与えられ』んでもええわい!」とか思わんのか?
いや、それよりも何よりも、
昨日のエー○クもそうですが、テレビ局はなぜこんな発言を編集もせずに堂々とお気楽に放送に乗せてしまうのか?
放送しちゃイカンガー。

もっとも、仕事の全てを完全なマニュアルでオペレーションしているファーストフード店でも、「ご注文の方は以上でよろしかったでしょうか?」という変な日本語を野放しにしてるくらいだから、最早仕方ないのか。
いやいや、ファーストフード店のバイトの子の発言は編集できないけど、テレビは編集できるけんね。

落語でこんなこと堂々と発言したら仕事が来なくなりまっせ、旦那。
「お客様を笑わせてやれる噺家になれる様に頑張ります」「お客様に笑いを与えてやるから、ありがたく笑え!」

正しい使い方の例。
「金魚に餌を与えることが家での僕の仕事です」どどん。
「チッシュペーパー」としか発音できなかった昭和ヒトケタ生まれの親父は、日本語の使いかたには厳しく、アタシが小学校低学年の頃、家で「今日の朝 学校で……」とか「昨日の夜は……」などと話そうものなら、烈火の如く怒った‼
「今朝」「ゆうべ」という日本語があるのだからそれを使え‼と。昔の人間だから怒るとそれはそれは怖かった。
たったそれっぽちのことでそんなに怒らなくても、というくらい激怒していたなぁ。
だから、歳をとってからもテレビでタレントが乱れた日本語(ゼンゼンダイジョーブとか)を使うと途端にチャンネルを変えていた。
まぁ殆んどNHKしかつけてなかったが。

そういう幼少時代を過ごしたので、アタシも多少は乱れた日本語は気になる耳に育った様だ。多少ですけどね、怒りはしませんけどね、気になることは気になる。

K○Cの朝のローカル情報番組のお天気コーナーが、アタシの耳にひっかかる。
気象予報士○ーサクである。最近は白髪も目立ついい歳の大人だ。
そんな○ーサクがよく使う日本語、
「今日の福岡市は降水格率0%、洗濯物は外に干して大丈夫でしょう」…………
は?
は?は?
今何て言った?
「干して大丈夫」
そういうのが気になるのだ!
あー、ムズムズする!
○ーサクが目の前にいたらもちろん説教しますがね。
「干しても大丈夫でしょう、やろが!」
「も」の一音くらい省略するなよ。
イマドキの若者の喋り方なのでしょうけどね、○ーサクよ、お前は大人なのだよ、テレビ放送で話しているという自覚を持て、それともそれさえわからないバカなのか。
というか、スタッフはなぜ見過ごすのかな?

チッシュペーパーの息子はそういうことが気になるのです。
副業でネパールからの留学生と接する機会が多いです。
彼等は日本語を勉強して将来は日本の会社に就職したいと考えています。
途上国だから、という表現は変かもしれませんが、いろいろ話をしていると学校教育のレベルは日本よりも低い様に思いますね。
でも彼等は英語ペラペラ。英語圏の国ではないのに。
なんでも小さい頃から英語を習うらしい。それも「聞いて話す英語」を。

だから彼等との会話中にアタシがカタカナの外来語を使うと、きょとん?とされるか苦笑されるかです。通じないのです。
日本人が話す外来語は英語ではなく日本特有の「カタカナ語」だそうです。

彼等は日本でアルバイトをしていますが、アルバイト初日にこんな会話があったそうで、
人事担当「会社のルールを守りなさい」
留学生 「……(きょとん?)」
人事担当者「ルール、ルール、わかんねぇのかなぁ?ルール!英語わかるだろ?ルール!」
留学生 「……」

では正しく発音してみて!と言うと、「ぅ~」(としか聞こえない(^^;)
なるほどね。「ルール‼」なんてムキになって言っても通じないでしょうな、違う言葉でしかない。
中学高校で習った「舌を丸め」たり「上顎の下につけ」たり「口をすぼめ」たり……とかのアレ。

昔々は「テレホン」と書いてましたが、今は「テレフォン」ですね。少しでも本来の発音に近付けようとしているのかな。
それなのに、あぁそれなのに。なぜにあなたはスマホと言うの?なぜ「スマフォ」と書かないの?
以前からの外来語はもう仕方ないとしても、新しい外来語はなるべく正しく発音し、それらしく書く方が良いんじゃないかなぁ。smapho。
インスタグラムもね、もうinstagramって書けばいいんじゃないかと。

彼等が日本に来て驚いたのは、
①富士山があまりに低いこと。
②日本人の英語が下手なこと。 だそうです。

そう言えば、数年前に他界したアタシの親父は、「チッシュペーパー」と発音してましたなぁ。どどん。
世情に疎いので 聞き覚えはあっても実際に読む時は、一瞬「インス 夕映え」 夕陽が綺麗なインスという場所?と思ったです。(がんじつ うま ふじ みたいな勘違い(^^))

だってさ、不思議な言葉、変な言葉ですよインスタ映え。
インスタグラムという最新の単語にくっつくのが「映える」というもはや死語、とまでは言いませんが日常は殆んど使わない言葉です。
イマドキの若い男女が「わぁ、○子ちゃん、そのシャツ今日のスカートにとても映えて素敵!」とは言わないです。聞いたことない。
百歩譲って「○子、そのシャツ今日のスカートに超映えてね?」とも言わない……と思います。
若い人でなくても「映える」って日常ではなかなか……

それが、イマドキの若い子達の中でも「流行りもの大好き❤」みたいなジョシが、堂々と「映える」と言う。いいですなぁ、古い言葉の復活!

「古語は僻地に残る」と言われてきましたが、もしかするとこれからは「古語は僻地に残り、都会で復活する」のかもしれません。そしてそれは「最新の単語に寄り添う」ことによって。
そう、古語が堂々と市民権を得るなんてそんな厚かましいことは申しません。誰かの力を借りなければ、ええ、復活なんてできやしませんとも。
ですから、勢いのある最新の言葉にひたすらくっつくのです。
時代を引っ張り頂点を目指す若者の陰にそっと寄り添う日陰の女いつもあなたを待ってるわ決してお邪魔はしないから思い出した時だけ来て下さいね、的な。そんな存在で。
だって、これだけ流行っても「映える」単独では使われないのですからね。日陰の身作戦やむを得ずです。

さてそこで「映える」と同じく死語へまっしぐらの「粗忽」ですが、最新の単語にくっつく事によってある日突然復活するかもしれないのです。

さぁどんな単語にくっつくのか?
もしかしたら、もしかしたら、人間同様いろんな頭脳があるならば、学習能力に差があるならば、粗忽者のA.Iも出現するかもしれません、その時はきっと「粗忽A.I」「粗忽ペッパー君」「粗忽aibo」
おぉ!古語「粗忽」の偉大なる復権です!
流行語大賞受賞時には粗忽家一門が表彰されることを夢見て。どどん。
Img_870c028073ab766f0056aac32ba4dd82
Img_c43a09c08e42c293cf3b1227f8a45a24
今日は午前中に、M市民センターで「男女共同参画落語」の講演をやってきました。

 ・粗忽の釘
 ・スケッチブックトーク
 ・松山鏡


男女共同参画で「松山鏡」というネタ選びは、なかなか面白いんじゃないかと思ったのですが、どうだったかな?笑うべきところで笑ってもらえましたが…。

朝から行って 高座作り、椅子並べからやってきましたよ。何でもやります粗忽家勘心。
お客様は各校区で「男女共同参画」に携わっていらっしゃる方々。女性が多くて賑やかな笑い声をたくさんいただきまして、ありがとうございました。

午後はN市民センターへ移動して、露の新治師匠の「お笑い人権高座」を拝聴、勉強させていただきました。アタシの人権落語とは違った観点で、ふむふむ参考にさせていただこう!と終始メモメモ。
それにしても真面目な話をしながら笑いが全く途切れないのはさすがプロだなぁ…
印象に残ったのは、「競争すると競争という手段が目的にすり変わる」という言葉でした。
アタシの人権落語にも引用させていただこうと思います。

移動の途中でバイクがな、な、なんとガソリン漏れ!
慌ててバイク屋さんに寄りましたが、「しばらくお預かりします」とのこと。
もう古いバイクだから修理代がやけにかかる今日この頃。
それでも愛着のあるバイクだから元気になって戻ってきておくれ! どどん。