Img_3a85cb17e08043fd9611d853042b500d
Img_d1d4fcbae07209b2527617f2ae074b80
Img_47c573330e9b1373dfa7805d19bf5128
今年の節分、なんとも良い一日でした。

小痴楽さんの「湯屋番」は1年半ぶり、安定の若旦那、上手いなぁ。
前に聴いた時に(またいつか聴く機会があったら、「音羽屋!」と声かけよ)と思っていたのに、音響ブースにいたからダメでした(>_<)
でもお客さんからいい感じで手が入ったのが、席亭として嬉しかったです。
「あくび指南」はクスグリ満載、可笑しかったなぁ。
イケメンなのに役になりきる感は見事です。

松之丞さんは今日も大熱演、完璧な松之丞時間を堪能しました。

でもでも昼の部の鯉八さんはホールの雰囲気をひとりでワシづかみしていましたね。
「科学の子」はマクラからもう大爆笑! 女心がわかりすぎる鯉八さん!
「多数決」も新しいネタとのことですが、まぁよくこんな噺をゼロから作れるものだと笑いながらも感心しました。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする